読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAWS-UG福岡「3度目の濃い目にAWSの話をしてみよう」の雰囲気をお届け

DSC06793.jpg

呑む勉強会こと、JAWS-UG福岡に参加してきました。

jaws-ug-kyushu.doorkeeper.jp

さっそくまとめ

資料については参加者の方がまとめたブログがありますのでこちらでご確認ください。

inokara.hateblo.jp

togetter.com

会場入り

勉強会の会場は株式会社Fusic様。オフィスがすごく綺麗で会議室も広い! 会場をご提供していただき有り難うございます。

DSC06726.jpg

DSC06724.jpg

DSC06736.jpg

勉強会開始

ご挨拶

DSC06734.jpg

乾杯

JAWS-UG福岡は昼間から呑む理由が欲しい勉強会なのでこれがないと始まりません。

DSC06738.jpg

そして県外から多くの方にご参加して頂きました。お土産ありがとうございます。 そして大量のおつまみは消化しきれるのか?という私の心配は稀有に終わりました。13時にスタートして終わりが21時でしたので、みんなお腹すきますよねw

DSC06737.jpg

自己紹介タイム

これだけの人数にお集まり頂いてますので和を広げましょう♪

AWSサムライをパシャリ。

DSC06743.jpg

プログラムスタート

AWS Cognitoなお話。なにやら閃いたらしく、前日の深夜に資料を全取っ替えして挑んだそうです。

DSC06750.jpg

自作サイト構築ストーリーも第3回目となりました。完成まで期待!

DSC06756.jpg

AWS IoTとAWS ElasticSearchの組み合わせ。なにか作ってみたくなる。

DSC06758.jpg

LogDrivenアーキテクチャガラケーの壁は高い。

DSC06764.jpg

休憩

適宜お酒買い出し休憩します。お酒も入ると打ち解けやすいですよね〜

DSC06770.jpg

ジョッキがあります( ^ω^)・・・

DSC06774.jpg

再開

クラウドデザインパターンによるEC2のセキュアなネットワークの組み方。しっかりと抑えておきたいです。

DSC06776.jpg

中の人によるawspec。ディープトラック。

DSC06779.jpg

AWS認定試験を勉強会前に受けてきての結果発表!受験前夜が波乱すぎるwww

DSC06786.jpg

CloudFrontのハマりどころ。ポイント抑えてハマりを回避しましょう。

DSC06788.jpg

プログラム最後は私。バズった後なんですごくビビってましたが、タイトルは語呂合わせで決めました。 前回の資料は多くの方に見て、イジっていいただきありがとうございます。その中で多かった本当に月額10円なの?というコメントと、月額10円ばかりが注目されてしまったことへのアンサーです。サーバーのメンテナンスをしなくて済むのがサーバーレスのいいところ、なおかつ使った分だけでいいのでお安くすみます。でも、サーバーレスの監視とか運用はどうすればいいのかな。

f:id:hawa9:20160614005117j:plain

speakerdeck.com

Deckset

Deckset

  • Unsigned Integer
  • 仕事効率化
  • ¥3,600

といいつつ、この月額10円シリーズはまだ続くかもしれませんw。今のところの候補

  • 月額10円から作るServerLess Website ハンズオン
  • 月額?円から作るServerLess Website on Azure

大LT大会

ここまではほぼオンスケジュールだったんです(汗)。発表が楽しくて聞くだけじゃ足りない方の飛び入りLTも発生。大LT大会へと発展。

物流系のお話。この話、LT枠じゃ物足りない。

DSC06795.jpg

CakePHPとテスト。

DSC06802.jpg

韓国のAWS事情。前フリがw

DSC06803.jpg

勉強方法のPDCA

DSC06809.jpg

専用線マジ早い。

DSC06812.jpg

月額0円。上をいかれました。

DSC06815.jpg

本物のサムライによるCode3兄弟。

DSC06820.jpg

念願の情シスのお話聞けました。

DSC06822.jpg

数値化がそそられる。

DSC06826.jpg

Cognitoとモバイルアプリ。Cognitoを使わない手はない。

DSC06828.jpg

別箇所で行っていた網元勉強会からのむちゃぶりLT。ServerLessフレームワーク便利。

DSC06830.jpg

お疲れさまでした

定員30名の内、20人近い方がスピーカーとしてご参加してしただきました。 13時スタートの21時終了の長丁場となってしまいましたが、みなさま最後まで本当にありがとうございました。

DSC06831.jpg

Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド

Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド