読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Global Azure Bootcamp 2017@TokyoとJAWS-UG福岡のダブルヘッダー #jawsug #jazug

f:id:hawa9:20170423092330j:plain

鉄は熱いうちに打て。ブログ書くまでが勉強会ということでさっそく。

Global Azure Bootcamp 2017@Tokyo #jazug

今まで福岡JAZUG(ふくあず)のイベントに参加したことはありましたが、JAZUGイベントで登壇したことがありません。ですので今回が記念すべき初JAZUG登壇となりました。 オープニングトークを聞くまでGlobal Azure Bootcampがどういイベントなのかもあまり知らなかったという・・・

jazug.connpass.com

togetter.com

今回はAzure事例セッションということで.Net Core+Dockerの事例MySauceFactory(マイソースファクトリー)についてMLBお兄さん (@tsubakimoto_s) | Twitterとペアセッションとなりました。ペアで話すのも初めての経験。

この3つについてインフラを中心にお話させていただきました。今回はAzureのイベントでしたので.Net Coreについては別の機会でDev Teamがやってくれると思います。

まだまだDockerを本番運用されているのは少数派。Docker運用事例としてお役立てできれば幸いです。なお、コーポレートサイト株式会社オルターブース(Alterbooth) | Microsoft AzureやAWSを中心としたクラウドの導入・開発・システム運用の方もDockerで運用中です。

QA

いくつかご質問いただいたので覚えている限り補足しつつご紹介致します。

  • コンテナの.Net Coreのログをどのように収集しているか?

    • .Net Coreはログを標準出力しています。あとはDockerのFluend Logging Driversで集めています。
  • ACSVM側のパッケージアップデートはどうしているか?

    • 必要ならACSを作り直して対応します。Dockerは新しい技術ですぐに陳腐化してしまう(放っておくと技術的負債になる)。作り直しが簡単なのもクラウドのメリット。現在はSwarmですがDC/OS、Kubernetesも含めて検討しています。
  • Dockerは落ちると聞くが遭遇したことは?

    • 私も聞いたことあります。(運がいいのか)いままで遭遇したことがありません。OMSで監視しているので落ちても検知できる仕組みにはしています。コンテナも冗長構成にしているので同時に落ちることは考え難く、落ちてもサービスを継続できる仕組み(予防)にしています。この辺、Apacheとかも落ちる時は落ちるのでDockerに限った話でもないのかなーと思っています。

de:code 2017

去年に続き、今年も参加予定です。会場で目に入ったら気軽にお声がけしていただけるとうれしいです。

最後に

タイトルを改めたいです。本当にありがとうございました。

JAWS-UG福岡 #jawsug

さて、同時刻に地元福岡でJAWS-UGが開催されていました。

JAWS-UG福岡:Reboot#4、荒木さんとAWSの話をしてみたりJAWS DAYS参加者から話をきいてみたりしよう - JAWS-UG九州 | Doorkeeper

Global Azure Bootcamp参加中の身でしたがセッション休憩時間に品川と福岡を結んでのオンライン登壇(余興)を実行。オンラインミーティングツールとして最近発表された新サービスのAmazon Chimeを使ってみました。

Amazon Chime – 統合されたコミュニケーションサービス | Amazon Web Services ブログ

画面共有もしっかりと見え、音声、ビデオもクリアにお届け出来たようです。

なお、なぜお酒を呑んでいると思われたのか謎です。戻ったら真相を伺いにチャイムを鳴らしに行きます。

Infrastructure as Code ―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

Infrastructure as Code ―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

Azure ARMでTerraformを使うときの認証情報をGUIで取得する #azurejp #jazug

Azure ARMをTerraformで操作したいけど、Terraformで使うAzure認証に挫折した勢です。

TerraformでAzureを操作するにはAzure Providerの設定が必要になります。

# Configure the Microsoft Azure Provider
provider "azurerm" {
  subscription_id = "..."
  client_id       = "..."
  client_secret   = "..."
  tenant_id       = "..."
}

何を設定すればいいのかわかんない。。。(´д`)

状態だった私はこの記事に救われ、無事Azure認証難民から解放されました。謝謝。

TerraformをAzure ARMで使う時の認証 · re-imagine

Azure CLIでゴニョゴニョすればAzure Provider設定に必要な値は取得できます。 でも、認証情報ぐらいならGUIで・・・、これからTerraformをつかってコードでインフラ管理するのにGUIとか甘え( 

という声も聞こえそうですが、ゆるーくインフラ管理したいのでAzure Providerに必要な値をAzureポータル(GUI)から取得してみます。

Azureポータル

まずはAzureポータルにログインします。

Microsoft Azure

ログイン後、「Azure AD」を開きます。 f:id:hawa9:20170319141452p:plain

「アプリの登録」を開きます。 f:id:hawa9:20170319142524p:plain

「追加」を開き、必要な項目を設定して「OK」。 f:id:hawa9:20170319141950p:plain

項目
名前 登録するアプリの名前
アプリケーションの種類 Webアプリ/API
サインオンURL ユニークなURL(存在の有無は問いません)

追加できました。このアプリケーションIDが client_id になります。 f:id:hawa9:20170319143004p:plain

追加したアプリにアクセス許可の設定をします。 f:id:hawa9:20170320172319p:plain

許可するAPIWindows Azure Service Managerment API」を選択します。 f:id:hawa9:20170319144026p:plain

アクセス許可「Access Azure Service Management as organization users (preview)」を選択します。 f:id:hawa9:20170319144308p:plain

次にキーを取得します。名前と有効期間を入力します。 f:id:hawa9:20170320165938p:plain

保存するとキーを取得できます。この値が client_secret になります。 f:id:hawa9:20170320170046p:plain

次にAzure ADの「プロパティ」を開きます。このディレクトリIDが tenant_id になります。 f:id:hawa9:20170320171347p:plain

最後にサブスクリプションを開きます。このサブスクリプションIDが subscription_id になります。 f:id:hawa9:20170320171935p:plain

以上でAzure Providerの設定に必要な情報は揃いました。完了までもうひと踏ん張りです。

サブスクリプションの「アクセス制御(IAM)」を開きます。 f:id:hawa9:20170320172809p:plain

「追加」からサブスクリプションにユーザーを追加します。今回の役割は共同作成者を付与します。(権限設定は慎重に) f:id:hawa9:20170320173126p:plain

ユーザーには先ほどのアプリ登録で追加したアプリを選択します。 f:id:hawa9:20170320173651p:plain

追加できました。 f:id:hawa9:20170320173914p:plain

AzureポータルからAzure ARMでTerraformを使うときの設定が完了しました。やはりAzure CLIで取得する方法が楽ですね。

こちらからは以上です。

大宰府天満宮に梅を見に行ってきた

先週末に太宰府天満宮に梅を見に行ってきました。梅シーズンも終わりかけでしたが咲いてる梅もあり楽しめました。

DSC00054.jpg

太宰府天満宮

福岡の人気観光スポットだけあって人の多さはトップクラス。さらに梅酒祭りと重なっていて多かったのかも。

参道 DSC00005.jpg

参拝行列 DSC00007.jpg

境内の梅

DSC00019.jpg

DSC00017.jpg

DSC08629.jpg

カレーは飲み物

グリーンカレーおいしかった。また食べたい。

DSC00045.jpg

DSC08646.jpg

観世音寺

DSC08653.jpg

日本最古の梵鐘 DSC00059.jpg

戒壇

出家者が戒律を授けるために設置された施設。天下三戒壇の一つ。

DSC00072.jpg

DSC00073.jpg

日吉神社

DSC00076.jpg

DSC00087.jpg

Fukuoka.NET #5 LT資料 #fukuten

2017年最初のふくてんこと、Fukuoka.Net勉強会に参加してLTしてきました。 さっそく、本編については弊社同僚のまとめをご覧ください(丸投げ

空前絶後のォォ!超絶怒濤のAnsible

speakerdeck.com

タイトルは言ってみたかっただけです。。。しかも噛むという失態\(^o^)/オワタ このLTで少しでもAnsibleに興味を持って頂けたら幸いです。

Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現

Ansible徹底入門 クラウド時代の新しい構成管理の実現

JAWS-UG福岡「AWS Cloud Roadshow 2016 ナイトイベント LT大会」登壇資料 #AWSRoadshow #jawsug

2016年10月6日に開催されたAWS Cloud Roadshow 2016 福岡に参加し、またその夜は昼間とは違い、お酒を片手に楽しめるナイトイベントのJAWS−UG福岡LT大会で登壇してきました。

roadshow.awseventsjapan.com

公式ツイッターから登壇順を知るというイベントも発生し、いろいろと楽しめましたw

f:id:hawa9:20161007093406j:plain

静的サイトから始めるInfrastructure as Code

今回は安心と安定の月額10円ネタのスピンオフとして、Infrastructure as Codeをネタに発表致しました。

speakerdeck.com

Deckset

Deckset

  • Unsigned Integer
  • 仕事効率化
  • ¥3,600

Infrastructure as Codeに取り組むきっかけ、AWSに興味や始めたばかりの方がJAWS-UGに参加してみたいと思って頂けたら、 そして乾杯から始めるでお馴染みの?JAWS-UG福岡の雰囲気を楽しんでいただけたらと思います。

皆様、ありがとうございました。

初めてのAnsible

初めてのAnsible

ソニーストア天神にてPlayStation VRをおさわりしてきた #PSVR

10月13日に発売される「PlayStation VR」の特別体験会が6月16日から始まったので、さっそく予約して体験してきました。

www.sony.jp

ソニーストア天神は定員2名枠は1階にて「THE PLAYROOM VR」、「The Deep(仮)」のいずれか、定員5名枠は2階にて「THE PLAYROOM VR」、「The Deep(仮)」、「The London Heist(仮)」のいずれかを体験できます。

いざ体験

今回は「The Deep(仮)」でPlayStation VRをおさわりできました。

f:id:hawa9:20160617233910j:plain

混雑もなく予約時間より早く体験スタートできました。まずは付け方などの説明を受けます。

f:id:hawa9:20160618002929j:plain

見た目の割には軽いです。実際に付けても重いという感じはしませんでした。

f:id:hawa9:20160617234250j:plain

メガネはをつけたままで大丈夫。

f:id:hawa9:20160617234252j:plain

調整をしていざスタート。ヘッドホン装着で完全に外界から隔離されます。

f:id:hawa9:20160617235531j:plain

体験した「The Deep(仮)」はゲームみたいに操作するものではなく、アトラクションのような見て楽しむものでした。必然的に周囲をキョロキョロしまくりです。

f:id:hawa9:20160617235529j:plain

PlayStation VRをおさわりしてみて

  • 思ったより軽かった。
  • 装着の調整も簡単ですぐに始められ、メガネもつけたままで違和感なかった。
  • PlayStation VRとヘッドホンの組み合わせは視覚・聴覚を奪われて没入感がすごい。
  • 短時間でしたが酔いそうという感じはしなかった。
  • 画質は思ったより綺麗だった。

PlayStation4を持ってないで買い揃えるとお高いですが、PlayStation4PlayStation VRのお得なセットも出るらしい。 これで発売予定のバイオとかグランツーリスモとかゲームしてみたい!(これでバイオは怖すぎて腰が抜ける気がしますw) 今年はVR元年となりそうです。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

JAWS-UG福岡「3度目の濃い目にAWSの話をしてみよう」の雰囲気をお届け

DSC06793.jpg

呑む勉強会こと、JAWS-UG福岡に参加してきました。

jaws-ug-kyushu.doorkeeper.jp

さっそくまとめ

資料については参加者の方がまとめたブログがありますのでこちらでご確認ください。

inokara.hateblo.jp

togetter.com

会場入り

勉強会の会場は株式会社Fusic様。オフィスがすごく綺麗で会議室も広い! 会場をご提供していただき有り難うございます。

DSC06726.jpg

DSC06724.jpg

DSC06736.jpg

勉強会開始

ご挨拶

DSC06734.jpg

乾杯

JAWS-UG福岡は昼間から呑む理由が欲しい勉強会なのでこれがないと始まりません。

DSC06738.jpg

そして県外から多くの方にご参加して頂きました。お土産ありがとうございます。 そして大量のおつまみは消化しきれるのか?という私の心配は稀有に終わりました。13時にスタートして終わりが21時でしたので、みんなお腹すきますよねw

DSC06737.jpg

自己紹介タイム

これだけの人数にお集まり頂いてますので和を広げましょう♪

AWSサムライをパシャリ。

DSC06743.jpg

プログラムスタート

AWS Cognitoなお話。なにやら閃いたらしく、前日の深夜に資料を全取っ替えして挑んだそうです。

DSC06750.jpg

自作サイト構築ストーリーも第3回目となりました。完成まで期待!

DSC06756.jpg

AWS IoTとAWS ElasticSearchの組み合わせ。なにか作ってみたくなる。

DSC06758.jpg

LogDrivenアーキテクチャガラケーの壁は高い。

DSC06764.jpg

休憩

適宜お酒買い出し休憩します。お酒も入ると打ち解けやすいですよね〜

DSC06770.jpg

ジョッキがあります( ^ω^)・・・

DSC06774.jpg

再開

クラウドデザインパターンによるEC2のセキュアなネットワークの組み方。しっかりと抑えておきたいです。

DSC06776.jpg

中の人によるawspec。ディープトラック。

DSC06779.jpg

AWS認定試験を勉強会前に受けてきての結果発表!受験前夜が波乱すぎるwww

DSC06786.jpg

CloudFrontのハマりどころ。ポイント抑えてハマりを回避しましょう。

DSC06788.jpg

プログラム最後は私。バズった後なんですごくビビってましたが、タイトルは語呂合わせで決めました。 前回の資料は多くの方に見て、イジっていいただきありがとうございます。その中で多かった本当に月額10円なの?というコメントと、月額10円ばかりが注目されてしまったことへのアンサーです。サーバーのメンテナンスをしなくて済むのがサーバーレスのいいところ、なおかつ使った分だけでいいのでお安くすみます。でも、サーバーレスの監視とか運用はどうすればいいのかな。

f:id:hawa9:20160614005117j:plain

speakerdeck.com

Deckset

Deckset

  • Unsigned Integer
  • 仕事効率化
  • ¥3,600

といいつつ、この月額10円シリーズはまだ続くかもしれませんw。今のところの候補

  • 月額10円から作るServerLess Website ハンズオン
  • 月額?円から作るServerLess Website on Azure

大LT大会

ここまではほぼオンスケジュールだったんです(汗)。発表が楽しくて聞くだけじゃ足りない方の飛び入りLTも発生。大LT大会へと発展。

物流系のお話。この話、LT枠じゃ物足りない。

DSC06795.jpg

CakePHPとテスト。

DSC06802.jpg

韓国のAWS事情。前フリがw

DSC06803.jpg

勉強方法のPDCA

DSC06809.jpg

専用線マジ早い。

DSC06812.jpg

月額0円。上をいかれました。

DSC06815.jpg

本物のサムライによるCode3兄弟。

DSC06820.jpg

念願の情シスのお話聞けました。

DSC06822.jpg

数値化がそそられる。

DSC06826.jpg

Cognitoとモバイルアプリ。Cognitoを使わない手はない。

DSC06828.jpg

別箇所で行っていた網元勉強会からのむちゃぶりLT。ServerLessフレームワーク便利。

DSC06830.jpg

お疲れさまでした

定員30名の内、20人近い方がスピーカーとしてご参加してしただきました。 13時スタートの21時終了の長丁場となってしまいましたが、みなさま最後まで本当にありがとうございました。

DSC06831.jpg

Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド

Amazon Web Services 定番業務システム12パターン 設計ガイド